『ロジックとパッションの狭間から。。。』家弓正彦Blog

株式会社シナプスの代表取締役 家弓正彦が、 マーケティング、ビジネス、プライベートを気ままに綴ります。

『ロジックとパッションの狭間から。。。』家弓正彦Blog イメージ画像

マーケティング

ブログネタ
経営コンサルティング に参加中!
今週は北陸方面に出張しておりました。目的は、厚労省の雇用創出事業の一環としてのセミナー。久々の地方出張ということもあって、とても楽しみにしておりました。。。「何、食べようかな?」などと呑気なことを考えていたのでした。しかし、そこで目の当たりにしたのは、地
『商店街の衰退に思う 〜PEST分析の本質』の画像

マーケティングカレッジの受講生の方から、「紳竜の研究」というDVDをお借りしました。結構、売れているみたいですね。紳助曰く、「何をしたら売れるか?考えた」。彼は、本当に徹底的に考え抜いたようです。その結果、彼は自分独自の漫才理論を「教科書」として作りあげたそ

ブログネタ
経営コンサルティング に参加中!
今回は、「強いキャッチコピー」について整理してみました。これは、弊社が主催するマーケティングカレッジの集客策を考えているときに、「どうすれば、顧客は興味関心を持ってくれるのか?」という命題に直面した際、一度整理してみようと思ったんですよね。弊社のプロモー

ブログネタ
人財育成 に参加中!
今日は外部のセミナーに参加してきました。久々にインプットの時間をとって、とても良い刺激になりましよ。アウトプットするためには、インプットが重要です。このあたりの話は、弊社のもうひとつのブログに書きました。よろしければ、そちらも覗いてやってください。 マー

ブログネタ
経営コンサルティング に参加中!
来る2009年2月22日は第81回アカデミー賞の授賞式ですね。一人の映画ファンとして、とても楽しみにしています。このアカデミー賞は映画界最大の祭典とも言える大イベントですが、その歴史は1929年にさかのぼります。 【参考】アカデミー賞ヒストリーアカデミー賞が映画産業に

ブログネタ
マーケティング に参加中!
オバマ政権がスタートして、世界中の期待が集まっている昨今ですが、、、ここで、オバマ氏にみるマーケティング戦略を考えてみました。そもそも、オバマ氏はなぜこれだけアメリカ国民の支持を集めているのでしょうか?今のアメリカ国民は、以前のような世界のリーダーとして

ブログネタ
マーケティング に参加中!
すでにご存じの方は多いと思いますが、レーシックとは「角膜屈折矯正手術の一種」。(参考)Wikipedia「レーシック」最近レーシックが大ブームだそうで、私の身の回りでもそれは例外ではありません。しかも、品川近視クリニックが有名だそうで、多くの友人がここを利用してい

ブログネタ
経営コンサルティング に参加中!
100年に一度の大不況とはよく言ったもので、各社の業績見通しは軒並みマイナス成長ですね。暗いニュースばかりで、ちょっと辟易としてしまいます。そんななかで、元気な企業を分析してみると、、、■ネット広告関連・カカクコム(+42%)・mixi(+32%) 広告費の削減が進ん

ブログネタ
マーケティング に参加中!
日本での携帯端末販売を打ち切ったノキアが、改めて日本進出するそうですね。今後は徹底したプレミアムブランド戦略による再上陸となりそうです。ということで、プレミアムブランド戦略について考えてみました。ノキアの戦略は、VERTU(ヴァーチュ)ブランドで超高級携帯を開

クラレの「ミラバケッソ」キャンペーンが受けているらしいですね。クラレちゃんと名付けられたアルパカのキャラクターがかわいいと女性には大人だそうです。そもそも「ミラバケッソ」という意味不明の言葉とアルパカのとぼけた顔つきが印象深いんでしょうね。2008年8月からの

アサヒフードアンドヘルスケア「1本満足」について、日経MJ(1/19)に記事が掲載されていましたね。いや、おはずかしながら、この商品は知りませんでした。大塚製薬のカロリーメイトやソイジョイの製品カテゴリーは「栄養補給菓子」と言われるんですね。これまでこの2大ブ

昨年から、立教大学のワークショップをボランティアで手伝っています。題して「コンサルあらわる!」、、、実在の企業に対するマーケティング提案を作成、プレゼンするワークショップです。1グループ3〜5人程度で、2時間の間に提案プレゼンを作成するというもの。その間

和菓子の伝統ブランドと言えば、「虎屋」。誰しもが認めるトップブランドでしょうね。同社は、何と創業480年、室町時代にさかのぼる。しかも、約400年にわたり皇室御用達というのだから驚きですね。その間、一度ものれん分けを行わずに、ひたすらブランドの希少性を高めてい

強いブランドとは、 ①競争力を持ち、 ②プレミアム価格を実現し、 ③高い顧客ロイヤルティを有することができます。つまり、ブランドを強化したいという企業の思いは、 競争力 → 顧客獲得 プレミアム価格 → 高収益 顧客ロイヤルティ → 顧客維持、クチコミをもたら

ま、一応気になるわけですよ、以前在籍していた身としては、、、(^^) 1925年から使っているナショナルブランドを 捨てるというのは、英断ですね。 社名変更に伴う費用が300億円だそうで、、、 それだけの効果が見込めるという意思決定なわけですね〜。 あちこちの家電量販で

↑このページのトップヘ