『ロジックとパッションの狭間から。。。』家弓正彦Blog

株式会社シナプスの代表取締役 家弓正彦が、 マーケティング、ビジネス、プライベートを気ままに綴ります。

『ロジックとパッションの狭間から。。。』家弓正彦Blog イメージ画像

経営全般

◆基本コンセプトは、「行動が文化を変える」シナプスが提供するVOC経営プログラムは、社内にプロジェクトチームを組成してもらいます。そのプロジェクト運営を通じて、組織を変えていくわけですが、そのサービスの基本的なコンセプトは、以下の3つです。行動が変われば、ス
『VOC経営実現のシナリオ』の画像

昨今、シナプスでは「VOC(Voice Of Customer)経営」というテーマについて研究し、その組織浸透に関わるコンサルティングに力を入れています。ここで、VOC経営に関わる一考察をまとめておきます。 VOC経営とは何か?顧客の声、顧客ニーズがビジネスの上でとても重要であるこ

ベテラン講師が武器としている4つの「問いかけスキル」講師が上手に問いかけることで、受講生には新たな気づきや学びが生まれます。しかし、学びのために的確に「問いかけ」ることって、実はとても難しいんですよね。それでは、受講生の回答に対して講師はどのような問いか

ポジティブイノベーションセンター主催の「レジリエンス・セミナー」に参加してきました。「レジリエンス」というキーワードは、かねてより様々なところで耳にしていました。「レジリエンス」、、、折れないチカラとでも言いましょうか、、、別に私が心が折れていて悩んでい

受講生は、研修に参加するだけで、研修内容を自然と身につけられるわけではありません。どのような心構えで研修に臨むのかにより、学びの身につき方は変わります。そこで当社(シナプス)では、研修の効果を最大にするための「5つのルール」を受講生にお伝えしています。研
『学習効果最大化のために、受講生に徹底しておきたい「5つのルール」』の画像

━━━━━━━━━━━━━━━【導入事例】講師や異業種メンバーのあらゆる視点を吸収、能力の高い人材を育成できるテンプスタッフ株式会社取締役執行役員 高倉 敏之さん━━━━━━━━━━━━━━━シナプスのクライアントである大手総合人材サービス会社「テンプスタ
『【研修導入事例紹介】 テンプスタッフ様マーケティングカレッジ活用』の画像

研修の場で、受講生と直に接するのは「講師」です。講師の質が高ければ、受講生はますます研修に身が入ります。反対に、講師の質が低ければ受講生のやる気が低下し、研修そのものが失敗に終わる可能性もあります。それでは、研修を行う講師には、どのようなことが求められる
『研修講師に求められる最も重要なスキルは何か?』の画像

研修を実施したとしても、実務に活かすことができなければ、 わざわざ時間をかけて研修した意味がありません。 受講者が、研修内容をスムーズに受け入れることができるかどうかは、 研修会社の手腕にかかっています。   では研修会社を探すときに、どのようなポイントを押さ
『成果を出す会社がこだわる、研修会社選びのチェックポイント』の画像

   〜 論理思考力を鍛えよう! 〜ビジネスパーソンには、論理的(ロジカル)に考えるスキルが求められています。ロジカルな思考とは、ビジネスシーンで戦略が成功するための根拠を明確に示せるかどうか、ということです。しかし、ロジカルな思考は一朝一夕で身につくも
『なぜ、ビジネスパーソンにはロジカルな思考が求められるのか?』の画像

 〜 最大の学びを提供するために 〜 何かを学習しようとするとき、さまざまな現象が起こります。学習のあらゆる現象やメカニズムについて、課題を解決・解明する理論は「学習理論」と呼ばれます。これまでも、さまざまな研究者が、学習理論についての研究を進めてきまし
『3つの学習原則を活かしたシナプスの企業研修』の画像

 〜 研修設計の勘どころ 〜厚生労働省が平成26年度に行った「能力開発基本調査」によれば(※)、「人材育成について問題がある」と感じている事業所は、全体の75.9%であることがわかりました。 その原因として「指導する人材が不足している」(52.2%)、「人材育成を
『研修のコンセプトを決めて、人材育成を加速させよう』の画像

〜 4つの学びのシーン 〜 私たちはどのような場面設計を行えば、新たな知識を学びやすくなるのでしょうか。当社(シナプス)では、「独考」「交感」「深考」「概念化」という4つのシーンにおいて、学びを創出できると考えました。そこで今回は、ヒトが学んでいくプロセス
『ヒトはどのような時に学ぶのか?』の画像

昨日、「家弓正彦の仕事塾 Vol.47」を開催しました。 今回は、ゲストスピーカーを招いて「新規事業の起こし方」というテーマです。 ゲストは、株式会社オープンミートアップ代表取締役の鈴木規文氏です。 氏は、自ら次世代アフタースクール「キッズベースキャンプ」を創業し

シナプスでは、新規事業開発のお手伝いをすることが多い。 一般のビジネスパーソンにとって新規事業開発に携わる機会は少ない。 そこで、そのプロセスがよくわからないという声が挙がり、 コンサルタントの出番となるようだ。 しかし、重要なのは「リーダーの燃えたぎるよう
『新規事業開発の10ステップ』の画像

最近、経営トップの仕事は何か?と考えるようになった。 何をいまさら、、と思われるかもしれないが、 未だに経営トップの立場に馴染むことができない。 で、改めて経営トップの仕事について考えてみることにする。 先日、受講生の方から 「ロジカルに情報を積み上げて意思

↑このページのトップヘ