ブログネタ
経営コンサルティング に参加中!

前回、お話しした演繹法について、
今回は、その限界や落とし穴を解説してみますね。

■ ルールの本質を知る

しかし、ルールをたくさん知っていれば良いんですかね?
意外と適切なルールを適用することって難しいんですよ。

例えば、「規模の経済」というルール。
御存じのとおり「規模が大きくなれば、コストダウンする」というルールです。
一見、正しいルールですが、どんなビジネスでも規模拡大がコストダウンの
絶対ルールでしょうか?

「規模の経済」の本質は、固定費が分配されることで、
単位あたりのコストが下がるというものです。
つまり、固定費ウェイトの高いビジネスには非常に有効ですが、
労働集約産業のような変動費の高いビジネスでは、
それほど大きな効果をもたらさないこともあります。

つまり、「規模の経済」の本質、バックボーンなどをちゃんと理解しないと、
誤った結論を導き出してしまう可能性があるわけです。
 ex.(どんな場合でも)「コストダウンには規模拡大が有効である」


■ でも最後は自分のルールを作ること

これまで述べてきたように、経営理論には、様々な定石がありますが、
それを表面的に暗記するだけじゃダメということですね!(^^)
なぜこの定石が成り立つんだろう?という問題意識を持つことが大切です。

経営理論にある定石は、あくまで汎用化した一般ルールですから、
皆さん一人ひとりのビジネスを対象としているわけではないんです。
これが経営理論における様々なセオリーの限界です。

使えるルールはどんどん経営理論からパクれば良いと思いますが、
やはり「自分のルールは自分で作る」が基本でしょう。

そのためにも、モノゴトの本質を見極める「眼力」が求められるはずです。
このあたりの話は、また次回以降に、、、


■ ルールに思い込みが入っていたら、元も子もない

当たり前のことですが、ルールに思い込みが入っていては
確からしい仮説は生まれないのは言うまでもないことです。

観察事項「A君は体育会出身だ」
ルール 「営業は体力勝負!」
仮説  「A君は営業に配属しよう」

ここで、ちゃんと見極めてほしいのは、
「営業は体力勝負!」というルールのバックボーンです。
  → なぜ「営業は体力勝負なのか?」
  → そもそも「優秀な営業マンの要件は?」

この問いに、明確に答えられるなら、
自信を持ってA君を営業に配属しましょう!(^^)


■ 様々なルールに目を向けるために

<ベンチマーキング>

ということは、俯瞰思考のところでも述べたように、
自分の視野を広く持って、様々なルールに目を向けることが求められます。
そのために、ベンチマーキングは有効な手段ですね。

業界他社の成功のルールを知る → 「自社のルール」をブレイクスルー
異業種の成功のルールを知る  → 「業界のルール」をブレイクスルー

ベンチマーキングによって、自分の持っている既成概念を破ってください。


<イレギュラーサンプル>

あるいは、敢えてイレギュラーサンプルに着目するのも有効です。
仮に、規模が大きい会社が高利益率をあげている業界があったとします。
そのなかで、一社だけ小規模なのに高利益をあげている企業がいれば、
その企業がイレギュラーサンプルですね。

そのイレギュラーサンプルの成功理由を研究してみましょう。
そこには、今まで業界常識とされていた「大規模が儲かる」という
既存のルールを破った、新たな成功のルールが存在しているかもしれません。


■ 宅急便の営業所はいくつ必要か?

ヤマト運輸で宅急便の事業開発に成功した小倉昌男さんは、
著書「経営学」のなかで、

「宅急便によって、全国に荷物をは立つするためには、
いったいいくつの営業所を作ればよいのか問題だった」

と語っています。

そこで、彼は仮説を立てました。

【第一仮説】
・日本の面積37万屬鯣招20Kmの円で埋める

彼は、実際に地図を買って来て、チャレンジしたそうです。
とても、大変な作業で、途中で断念したそうで、、、(笑)

ここで、彼が素晴らしいのは、「仮説の立て方がまずかった」と気づき、
市民生活に関係のある施設の数を調べたそうです。
まさに、ベンチマーキングですね。

【第二仮説】
・郵便局の数を参考にする

全国に郵便局は5000局あるそうです。
しかし、郵便局の主な仕事は信書の配達ですから、
ここまでは必要ないと仮説を立てます。

【第三仮説】
・公立中学校の数を参考にする

これは、全国で11,250校あるそうで、
これが分かった瞬間に、「第二仮説」に基づき、
公立中学校はあまり参考にならないとわかります。

もっとも中学校の多くは徒歩通学を基本としていますから、
車で配達する宅急便の営業所数の仮説を立てるには、
適切なベンチマーク先ではなかったということですね。

【第四仮説】
警察署の数を参考にする

これは、全国で約1200。
これは参考になりそうだと判断し、
営業所展開のガイドラインとしたというのです。


素晴らしい論理力と仮説構築力ですね。(^^)
私も是非見習いたいと思いました。



次回は、帰納法について、その本質を掘り下げたいと思います。

仮説構築の技術(9) 〜 総括まとめ  2009年03月30日
仮説構築の技術(8) 〜「帰納法」の本質を知る  2009年03月27日
仮説構築の技術(7) 〜「演繹法」の本質を知る  2009年03月26日
仮説構築の技術(6) 〜思考プロセス「演繹法」「帰納法」  2009年03月25日
仮説構築の技術(5) 〜思い込み回避の俯瞰思考  2009年03月24日
仮説構築の技術(4) 〜フェルミ推定による定量的推論  2009年03月20日
仮説構築の技術(3) 〜見えない将来を予測できるか?  2009年03月19日
仮説構築の技術(2) 〜そもそも仮説とは何か?  2009年03月17日
仮説構築の技術(1) 〜なぜ仮説思考が必要か?〜  2009年03月13日


株式会社シナプス 代表取締役 家弓正彦





「仮説思考を深く理解したい方はこちら」シナプスマーケティングカレッジの問題解決スキル講座 マーケティングの公開講座もやっています!

f仮説構築力を実体験で鍛える「顧客ニーズヒアリング」企業研修のご案内はコチラ!

シナプスのマーケティング企業研修のご案内はコチラ!

家弓正彦率いるシナプスの企業研修一覧ページはこちら
シナプス公式フェースブックページはこちら