強いブランドとは、
 ゞチ萠呂鮖ち、
 ▲廛譽潺▲牴然覆鮗存修掘
 9發じ楜劵蹈ぅ筌襯謄を有することができます。
つまり、ブランドを強化したいという企業の思いは、
 競争力 → 顧客獲得
 プレミアム価格 → 高収益
 顧客ロイヤルティ → 顧客維持、クチコミ
をもたらすことができるわけです。

そして、強いブランドを築くためには、
ターゲット(誰のためのブランドか?)を特定し
ブランドバリュー(顧客への提供価値)を明確にし、
それを顧客に伝えるメッセージを発信し続けることが重要です。

そんなメッセージの発信方法には、成功法則があるようです。
概ね、強いブランドは以下のような語り口をもっています。
 ・ブランドの歴史や過去のエピソードを語る
 ・ブランドを担うヒトについて語る
 ・合理的な(ex.技術)バックボーンを語る
そんな物語(ブランドストーリー)を語ることが肝要ですね。

<歴史を語る>
■ルイヴィトン
古くから、船が難破したとき、その密閉性から沈むことなく浮き続けていたことから、
「救命具の変わりになる」「多くの難破者が助かった」などと言われている。

<ヒトを語る>
■フランクミューラー
スイス・ジュネーブの時計学校では、通常3年かかる技術を1年で修得。
学校創設以来、最も優秀な成績で卒業した。
「時間を操る男」「20世紀の天才時計師」「ブレゲの再来」など多くの異名を持つ。

<技術を語る>
■ゼロハリバートン
発売当時の最先端素材であった「アルミ合金」を使っていることで話題になった。
これは航空機用のジュラルミンと同じものだそうだ。
そんな素材の採用で「耐衝撃性」「密閉性」という品質を語らせている。

ゼロハリバートンは、同時に歴史も語っています。

<歴史を語る>
アポロ11号が「月の石」を持ち帰るのに使ったケースを作ったという伝説で有名となった。

そんなストーリーがブランドの提供する価値を有言に語って、
顧客のマインドの中に明確なブランドイメージを作り上げていくんですね。

Kay